民間学童保育のメリットとは?子供にも親にも利点がたくさん

民間学童保育のメリットとは?子供にも親にも利点がたくさん

退社と子供の帰宅時間のずれを心配しなくて済む民間学童保育

絵を描く

子育てをしながら働くママにとって問題なのが、子供が小学校に入ると保育園の時のように延長して預けることができないことです。小学校は放課後になると、公営学童保育を利用する場合もありますが、公営の場合には概ね18時までの預かりとなり延長ができません。たとえば勤め先の退社時間が19時となると、子供の帰宅時間とのずれが生じてしまうので何とかしてその問題を解決しておく必要があります。

便利なのが、民間学童保育を利用することです。公営と違い、多くの施設で預かり時間を延長できるようになっています。たとえば、仕事がどうしても遅くなって19時に間に合わない場合でも、延長できるところもあるので選ぶ際に確認しておけばもしもの時でも気をもまずに済むでしょう。民間学童保育は、教育面のサポートがしっかりしているだけではなく預かり時間を柔軟に対応してもらえる点が、働くママから圧倒的に支持されています。

もし、夕食の時間が遅れそうな場合にはオプションで夕食を摂ることも可能です。もちろん、家族で夕食を摂るのが一番ですがお迎えの時間が遅れてしまう時には、一定の時間が来れば食事を摂れる環境の方が安心でしょう。

民間学童保育は、ママと子供の帰宅時間のずれ生じてしまう問題も解決してくれます。たとえ、1時間ほど家で留守番をする場合でも子供にとれば寂しさも募るでしょう。帰宅時間のずれを解決するには、民間学童保育で条件に合う施設を絞り込んでみるのがおすすめです。

遊具のある公園

民間学童保育をおすすめする理由について

共働き世帯の増加に伴い、学童保育を希望する世帯も増加傾向にあります。とはいえ保育所問題同様、公立の学童に入る場合は入学前から手続きをしたり、学区によっては…

絵を描く

退社と子供の帰宅時間のずれを心配しなくて済む民間学童保育

子育てをしながら働くママにとって問題なのが、子供が小学校に入ると保育園の時のように延長して預けることができないことです。小学校は放課後になると、公営学童保…

ガッツポーズの女性

民間学童保育を使う3つのメリット

公立学童保育にはないメリットが民間学童保育にあります。第一のメリットは、延長保育が可能なことです。公立学童保育では通常18時までですが、民間学童保育は19…

笑顔の子供

子供の一人留守番が心配なら民間学童保育

子供の安全を考えて、小学校が終わったら民間学童保育に預けるという方も多いです。特に小学生の子供一人で留守番させるのは、親御さんにとっては何かと心配がつきも…

Post List

TOP